pic_main1

今週はフェブラリーS(G1)を含め重賞が土日で4レース組まれている。G1レースが行われる週は、陣営の思惑もいつも以上に錯綜するものだ。さらにローカル小倉は最終週でもあり、ラストスパートをかける陣営も。土曜日に軍資金を増やし、フェブラリーSにぶち込みたいものである。





東京11R ダイヤモンドS(G3)


川田のタガノディアマンテが一番人気は良いとして、野中、横山典、中谷と、時点の馬の鞍上が不安なのがまず一つ。

ノーザン系の出走馬を見ると、個人名義馬が多く乗り替わりに勝負気配は感じられない。


◎バレリオ


ここは土曜日の非根幹距離のG3という事で、思い切って「白老ファームーサンデーR」のミナリク騎乗バレリオを狙う。

先週の共同通信杯のビターエンダーでのルメールとの一騎打ちを見ていると、ミナリクそろそろあるなと感じた。

京都牝馬ステークスに、武豊、ルメール、北村友の豪華メンバーでスタンバイしているサンデーR3頭出しのウラという事だ。

バレリオから川田へ一点買いか!それとも薄目で万馬券狙いかは直前に決める。







京都11R 京都牝馬ステークス(G3)



武豊、ルメール、北村友の豪華布陣で3頭出ししているサンデーRは、先週の京都記念をクロノジェネシスで勝っており、ここはいわゆる「おとり」とみていいだろう。

同じく先週のクイーンカップをミヤマザクラで勝っている「福永ー金子」のビーチサンバもしかり。

サンデーR勢がおとりなら、狙いはノーザンの裏となるが、先週1人気で飛ばしたルナシオンのウラならシルクRのディアンドル。

あとは社台オーナーズからモアナも過ったがやはり岩田に乗り替わるプールヴィルか。

JOA日本馬主協会連合会名誉会長が、わざわざ四位の引退祝いに3頭出ししているメイショウショウブに乗る手もあるが・・・。


◎プールヴィル


1400mではG2勝ちもあり(3・3・0・0)で実績は十分。先週の京都記念の結果から主役は4歳馬という事で狙いはこの馬。相手はサンデーR3頭と金子と四位?