pic_main1


今週は3重賞が組まれており、厳冬期のダート重賞と違い、3歳ではクラシックを見据えた陣営たちが動き出す頃で、役者もそろそろ揃いだす頃でもある。

シナリオ通りのローテーションを進むために欠かせないのが賞金加算であり、重賞で2着以内に入るのか、自己条件で勝ち上がるのか、走らせる側にとっても使い分けで頭を悩ます時期になってきた。




東京11R クイーンカップ(G3)


やっとクラシックを見据えた陣営が動き出したという事で、満を持しての1勝馬の賞金加算が必須であるここは、最近のいわゆる餅つき競馬が終わり、新たなフェーズに入ったと仮定すれば、セオリー通りの予想が有効と思える。

 ・良血のノーザン系クラブ馬
 ・重賞でルメールにスイッチ
 ・東京マイルでの実績
 ・中央で新馬勝ちの大物



◎ルナシオン


東京マイルで「シルクR-藤澤ールメール」陣営の賞金加算を邪魔できるものはここにはいない。

相手もキズナ産駒の「松永幹夫ー武豊ーノースヒルズ」が陣営的には筆頭で、2番手は「ノーザンー金子」のディープインパクト産駒ミヤマザクラだ!



◎ルナシオン
〇シャンドフルール
▲ミヤマザクラ

3連単1点勝負と行く。







3連複も抑えとくかw